猫と暮らしと

4匹の猫とのんびり暮らし

断捨離を進めています まずはクセを知る

断捨離と同時に、引き続き片づけに挑戦しています。

自分の持ち物を全て出して把握するところから始めるこんまりさん流片づけですが、大きくつまづいているところがあります。
それは、洗剤類のストック。
恥ずかしく情けなく、どう思われるだろうと怖いですが、現在の実情を正直に書きます。

  • 洗濯洗剤 13本
  • 柔軟剤 19本
  • 台所用洗剤 15本

 

現在使っているものとは別に、これだけのストックがあります。
ブログを書こうと思い数えてみてびっくりしました。
ほぼ毎日洗濯していますが、それでも1か月に1本ほどの使用ペースなので1年以上の分はあるということになります。
これらはいつも通りのペースで使い切るつもりでいますが、ここまでになるには理由がきっとあるのだと考えました。

  • 買い物に行かれないときのため
  • 安かったから
  • 震災などに備えるため
  • なくなると不安

など、ストックが多い方の理由を調べてみましたがいろいろあるようです。
なぜ私はこんなにもストックしてしまっているのか。

買い物に行かれないときのためなのでしょうか。
私は少なくとも週に2回は食料品を買いに買い物に出かけます。
ドラッグストアも家から車で3分ほどのところにあります。
自分で車を運転していくので、思い立ったらいつでも行くことが出来ます。

安かったからなのでしょうか。
ストックしてある洗濯洗剤と柔軟剤は、それぞれが全て銘柄が違います。
特に柔軟剤は安売りをよくしているわけではない商品も多くあります。自分の使用する銘柄が定まっておらず、後述する「気に入ったものを見つける」ための柔軟剤探しの結果でもあります。
台所洗剤に関しては、いつも使っている商品がだいたい決まっています。その商品の安売りに出会うと在庫を考えず1本買っておく、という感じでいたのと、スーパーで時々特売の際に先着〇名様に無料で配られるため溜まっていきました。

震災などに備えるためでしょうか。
それに対する気持ちは大いにありました。
しかし、いざ広島が大震災に見舞われたそのさなかに洗濯をするのか、飲料水さえ困難な中でじゃんじゃん水を流して洗剤でお皿を洗うのかと考え直しました。
その時準備しておいてよかったと思えるものは、きっと洗剤ではないのではないかと思いました。

なくなると不安だからでしょうか。
不安な気持ちがありました。私の場合の原因はこれではないかと思いました。
ストックがなくなるのが不安だというよりも、その商品そのものがなくなることが不安なのです。

以前しろさんと決まった銘柄の柔軟剤をとても気に入って繰り返し使っていました。
「ハミングフレア 陽だまりの香り」でした。
ある日いつも通りなくなりかけて買いに行くと、もうどこの店にも置いていませんでした。
本当に気に入って使っているものでも、ある日突如廃盤になったりします。
そして次を探すも同じようなものが見つからず、いくつもいくつも買って試しました。
こんなふうに突然手に入らなくなるのならば、以前のように自分はこれ!と決めておくよりも、何種類か気に入った銘柄をいくつか持っておくようにすれば、その中の1本が廃盤になってももう探し回らなくてもよいのではないかと考えました。

気に入って使っているものがなくなるのが怖いんですね。次々に新しいものが出ることはわかっているしより良いものに出会えるかもしれませんが、それよりも気に入っていたものがなくなることの方が私にとっては寂しいのかもしれません。
以前陽だまりの香りを使っていた頃は、洗濯洗剤1本、柔軟剤1本、衣類用漂白剤1本のみで過ごしていたので、過剰ストックなどはしていませんでした。

一方、シャンプーやリンス、ボディソープなどはこのようなことにはなっていません。
現在ボディソープの詰め替えが2つあるだけで、先週シャンプーとリンスを詰め替えてからはストックをまだ買っていないので0です。
柔軟剤ほど移り変わりが早いわけではなく、淘汰されているものはあれどメジャーなものは突然の廃盤ということにはならないと思っているからかもしれません。
やっぱりよほど私は陽だまりの香りが好きだったということなのかもしれません。
同時に、陽だまりの香り以降ずいぶん年月が経ったのにまだ定まらず探し続けているということは、柔軟剤はまだこれだというものに出会えていないということでもあるのだと思います。

私はどうやら何もかもに溜め込み癖がある、というわけではなさそうで、日常使いの食料品のストックもほとんどありません。
料理が苦手なので 調味料もいろいろ持っているわけではなく、基本のものだけ。それらは残り半分くらいになった時に1本づつを買ってきます。
お砂糖はラカントを使っておりネットで大袋を購入しているので、買い置きが2袋あります。

衣類もごく少なく、5段のチェストに下着やパジャマも含め1年分の衣類が収まっています。数枚のコート類はクローゼットに入っています。衣替えの必要がありません。
靴は全部で6足。
冠婚葬祭用のプレーンなパンプス、スニーカー、革靴2足、夏のスリッポン、サンダル。色は全て黒にしています。
その革靴2足のうち1足は今月増えたものです。
衣類と靴はこんまりさんの片づけの本のおかげでここまで整理できました。

私は、なににしても気に入ったものを大切に長く使うことが好きです。
脊柱管狭窄症と膝の半月板損傷がわかった2010年に、ヒールの高い靴はもう履けないからとしろさんがリーガルの革靴を買ってくれました。
今年になって靴底がもうめくれかけてきており、修理に出してみましたが直せないとのことで、今月同じようなものをまた購入しました。
この靴を履いて、7年目。
大事に手入れして履いていたので、表面上は傷みが見当たらず。
新しいものが来たけれど捨てることがもったいなくて、これはまだ残しています。
気に入っていたし、辛かった時にしろさんが買ってくれたものなので。

これ!と思ったもの。好きなもの。
服の多い方、食料品の多い方、日用品の多い方、文房具の多い方・・とそれぞれ偏るクセがあるんだと思いますが、定まるまでに遠回りしてしまうかもしれないけれど適正量と自分の定番を見つけることを目指して、ゆっくりゆっくりお気に入りを見つけながら整理していきたいと思います。

今日は雪がちらちらしています。
いつもの座布団にぎゅうぎゅうです。
f:id:bikke_2013:20170214143452j:plain


翔ちゃんはひとり押入れでゆうゆうと。

f:id:bikke_2013:20170214143314j:plain

広告を非表示にする