猫と暮らしと

4匹の猫とのんびり暮らし

引越ししました

f:id:bikke_2013:20161212010141j:plain
とても久しぶりの更新になりました。
猫たちみんなを連れて、年末に引越しをしました。
やっと最近になって片付きました。
9月ごろから考えていたことだったのですが、12月はバタバタでした。

事件のあった会社がカーテンを開ければ目の前にある環境は、以前よりは少しは慣れてきたとはいえ、私にとっては毎日が辛いものでした。
長い間布団にもぐりっきりだった私が少しづつ起きれるようになり、少しづつ買い物にも出られるようになり・・と変化してきていることでしろさんは回復してきていると安心していたのかもしれません。
でも、心の中はとても重く、苦しかったんだと改めて伝えました。

住んでいたマンションは分譲でしたので、売却をしなければならないしローンは残っているし、簡単には引っ越せないからとこんなに長い間ずるずる来てしまったけれど、しろさんも今回は決心してくれました。

ただ、田舎なのでペット可の賃貸物件が非常に少なく、あっても犬はいいけど猫はダメという物件しかなくて、次に住む所を探すのにとても苦労しました。
住んでいたマンションを買ってくれた方への引き渡しは12月と決まっていたので、それまでに私たちも出て行かなければなりません。
猫が、しかも4匹なので賃貸は無理だと諦め、中古の分譲マンションに移ることにしました。

小さな街であることとしろさんの通勤もあることから、結局今まで住んでいた場所から信号を2つ渡った通りに移っただけだけなのですが、環境は劇的に変わりました。
カーテンを開けても会社はありません。
全く違う風景で、全然怖くありません。
外出時どこへ行くにも会社の前を通らねばならなかったのが、目にすることなく生活できるのです。
なんてありがたい。

家はちょっと狭くなってしまったけれど、生きやすさは全然違います。
気持ちが本当に楽になりました。
引っ越したからって忘れられるわけではないけれど、日々の重さを少しでも降ろせたのですから本当に感謝しています。

f:id:bikke_2013:20161212010140j:plain
引越しのときのみんな。
ケージに入ってがんばってくれました。

新しい環境に慣れるのに随分時間がかかるだろうとか、体調を崩す子も出るだろうなどととても心配していましたが、翌朝にはみんなで探検しながら遊んでおり、ごはんももりもり食べ、トイレも変わりなく、なんの心配もいりませんでした。

ただ、ひとつだけ。まぁちゃんがついてきてくれているかどうかだけが気になっています。
まぁちゃんの使っていたものも全部持ってきましたが、ちゃんと来てくれたかなぁ。

広告を非表示にする