猫と暮らしと

4匹の猫とのんびり暮らし

猫 避妊手術後のしこりの経過と、血液検査の失敗

ちょびちゃんの避妊手術後のしこりがもうすっかり小さくなりました。
縫ったところでしょうか、手で触れるとその部分にわずかに硬いところがわかりますが、今までのように丸く飛びだしたりしてはいません。おなかが平らになりました。
あと少しです。

水曜日には採尿のタイミングも合ったので、ずっとしていなかったぽっちの尿検査に行ってきました。
しかし翔ちゃんと全く同じく、尿たんぱくが ++ 100でした。
まぁちゃんの時は時々+になることはあっても2回目の検査ではすぐ正常値に戻っていましたが、この子たちは+が2つで続いており心配です。
先生が、まだ若いけれど血液検査をして調べてみた方がいいかもしれないねとおっしゃっていたので、昨日ぽっちと翔ちゃんを連れて行ってきました。

結果は、血液を取らせてもらえませんでした。
先生もだいぶ粘り強く待ってくださり頑張っていただいたのですが、針が刺さったら酷い暴れようでした。人間と同じく、やっぱり痛いんだと思います。
血液が注射器に溜まるまで時間が掛かりますしね。

ぽっちはばたばたして針を抜いてしまい、もう片方の手で再挑戦しましたがそちらもダメでした。
翔ちゃんはもう最初からだめで手を添えていた私の薬指を思い切り噛み、逃げ惑っていました。

今回は無理にやるのは諦め、方法を考えて改めてまた挑戦したいと思います。
水を飲む量が少ないのは時期的なものもあると思うので、もう少しあったかくなったら尿検査の結果ももしかしたら変わってくるかもしれませんから、希望を捨てずに観察したいと思います。

翔ちゃんに噛まれた指はだいぶ深くえぐれており出血が止まらず、そのまま外科に駆け込み診てもらうはめになりました。
翔ちゃんはそんなに嫌だったんだと思えばこのくらいは我慢できますが、それにしても未だにズキズキと痛みます。月曜から毎日ガーゼ交換に行かねばなりません。

ひとりでお留守番だったちょびですが、帰ってきたら押し入れでぽっちの頭を一生懸命舐めてあげていました。

f:id:bikke_2013:20161128194213j:plain

ぽっち3.5kg 翔太5.8kg

広告を非表示にする