猫と暮らしと

4匹の猫とのんびり暮らし

猫の術後服が届きました

金曜の夜に猫の術後服というのを見つけたんです。
Tissue's Trunkという猫のための介護用お洋服を作っているHPにたどり着きました。
おなかを切ったりした時におなかを保護する猫用の術後服も扱っています。
すぐに一枚注文し今日届きました。

f:id:bikke_2013:20161128194201j:plain
こちらは背中。
模様が切り替わっているところは縦にマジックテープが入っていて、履かせてここで留めるようになっています。

f:id:bikke_2013:20161128194200j:plain
こちらはおなか。
左側が首で、ちょっとタートルネックぽくなっています。
右側の分かれているところからしっぽが出ます。

着てみた所はこちら・・。

f:id:bikke_2013:20161128194205j:plain

かっ、かわいいです。
ちょびちゃんは服を特に嫌がる事も無く、昨夜もスパッツをちゃんと着てくれていました。
でもやはり筒状のものを切っているだけなのでお腹を保護することは出来るのですが動きにくそうでつっぱっている感じでした。
ゆるくても脱げてしまうし。でも手術前日にこんなにいいものを発見できました。

私のように急遽必要になった場合には既成品ならすぐ送ってもらえるし、そのサイズも細かく分かれています。
事前にわかっている場合にはオーダーで作ってもらう事も出来るそうです。
生地もしっかりしていて、2枚目の画像にあるしっぽ側の二股に分かれている所には緩くゴムも入っています。
ちょうど避妊手術の跡になる辺りは生地が2枚重ねで少しゆとりがつくられていて、すれたりしないようによく考えられています。さすがだなぁと感激しました。

ちょびは昨夜は0時頃まではずっとこたつに入ったまま寝ていましたが、それから起きてきました。もうふらつくことなく、ごはんを食べても吐くこともありませんでした。
本調子じゃないのでその後もまた寝ていましたが、今日の午後にはもうすっかり歩きまわれるようになり、もりもりごはんを食べトイレにも行きました。

f:id:bikke_2013:20161128194206j:plain

かつおぶしの時間にはいつも通りみんなと食べ、おかわりもしました。
きっと今日より明日の方が楽になると思うから、もう少しの我慢です。

私は緊張のあまり疲れ果てて寝てしまったけど、昨夜はしろさんが一晩中起きてちょびをみていてくれました。
今朝は早起きしてしろさんと交代しました。今夜はもう大丈夫かな。

抜糸は3月2日です。
抗生物質の薬が出なかったので(既に手術中に投与済みとのこと)傷の回復が少し心配ですが、ストレスなく過ごしてもらえるようゆっくり様子をみたいと思います。
がんばれ、ちょびちゃん。

広告を非表示にする