猫と暮らしと

4匹の猫とのんびり暮らし

ただいま&東京タワー

f:id:bikke_2013:20161128191442j:plain

たった今、家に帰ってきました。猫たちも元気にしてました。
なんとぽっちは先生にすりすりしていたそう。私にもしないくせに。
ずいぶん快適にお過ごしになっていたようです。
翔ちゃんは人見知りがすごく激しいので全然ダメだったようですが。

午前中まで軽井沢にいたなんて、まるで夢のようです。いい所でした。
別荘が立ち並ぶ避暑地だけあって、暑さが違います。ベタベタしてないんですね。
東京に降り立つとすごくよくわかりました。

昨日の式&披露宴では完璧にやり遂げることが出来たと思います。
母を連れて、妹がお世話になった方を私が一人づつ紹介しながらご挨拶をして回ったりしました。
妹は終始笑顔を絶やすことなく頑張っていたから、私も場を濁すことないように決めていました。
母とは必要以上には話さなかったけれど、あの場で出来る限りの精一杯は尽くしました。それでよかったし、満足しています。

昨日も書きましたが、実は会場入りしてから着替えさえままならないぐらい震えが止まらず、汗びっしょりで放心状態になってしまい、更衣室の床にへたり込んで全く動けなくなってしまいました。
どうにもならない状態で手が震えてピアスも入らなくて。
髪をまとめるのもその場で自分でやる予定でいたのに、結局出来ずじまい。
本当にボロボロな状態でした。全く汗が引いてくれないのがすごく困りました。

化粧も治せなくて。顔から汗が滴り落ち、髪はぐしゃぐしゃ。
やっと着替えが出来た時には、パウダールームに移動する時間はもう無くて。
15:30からの最初にとり行われる親族紹介に余裕で間に合う時間だったはずなのに…。
パニック状態でした。でももうそのまま行きました。

その後に、写真撮影でその日初めて新郎新婦を見ました。
ふたりとも嬉しそうで楽しそうで、すごく笑ってて、それを見たら心が決まりました。
今日はこの場のために生きよう。何も考えず出来ることの全てを出し切ろうと。
そう思ったら頭の中にはなにも無くなりました。
今朝は妹夫婦としろさんと私で、ご両家の親族やお客様を全員お見送りしてからホテルを後にしました。

それでもお昼過ぎには東京駅に着いたので、住んでいた時にも行かなかった東京タワーに行ってきました。
夏休みだという事をすっかり忘れて…。ものすごい大混雑でした。
やっぱり近くで見ると貫禄あります!

東京タワーを見ながら歯を食いしばってがんばっていた友人を思い出しました。
彼女にとって象徴が「東京タワー」であったように、私にとっては「西新宿」がそれでした。あの高層ビル街。
「負けるもんか」って思いながら、いつも見上げていました。
今日は、それまで下から見上げていた新宿の高層ビルを東京タワーから見ました。
不思議な気分でした。でもやっぱり、「負けるもんか」と思いました。

ひとまず、みなさんのお陰で難関だった結婚式は無事クリア出来ました。
本当にありがとうございました。
これから先の母のこと、妹の身体のことや海外移住のこと、まだまだたくさんあるけど頑張ります。
負けない。今日見た東京タワーのように、まっすぐ空に向かって。

広告を非表示にする